WDWウォルト・ディズニー・ワールドのガイドブックはどれがオススメ?

WDWウォルト・ディズニー・ワールドのガイドブックはどれがオススメ?

WDW(ウォルト・ディズニー・ワールド)のおすすめガイドブックは?

ウォルト・ディズニー・ワールドに行くことが決まったら、情報収集を始めましょう。旅行先はアメリカ、パスポートはもちろんESTA(エスタ)の申請など、特に初めて海外に行く方は準備が大変ですよね。フロリダまで行くことになると、長期旅行の方も多いはず。今はネット上で様々な情報を集めることができますが、情報は断片的なことも多く、その情報が正確なものかどうかの保証はありません(本ブログも含めて・・・。)。そこで、やはり最低一冊はガイドブックを読み、ウォルト・ディズニー・ワールドの概要をつかんでおきましょう。

各種ガイドブックとその評価

1.るるぶ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート in フロリダ(JTBパブリッシング)

オススメ度 ★★★★★

まずは、ガイドブックの定番、るるぶさんから出ているガイドブックです。4大テーマパークの概要に始まり、レストラン、お土産、注目のアトラクション、ホテルの情報までコンパクトに網羅されています。もちろん、写真も多数使われており、イメージがわくだけでなく、読んでいるうちにどんどん期待が高まっていく本です。最初の一冊として、ぜひ読んでいただきたい本です。

2.地球の歩き方 リゾートスタイル テーマパークinオーランド (地球の歩き方リゾートスタイル

オススメ度 ★★★★☆

この本は、ウォルト・ディズニー・ワールドに加えて、ユニバーサル・オーランド・リゾートの情報も掲載されています。もちろん、こちらのガイドブックも、テーマパークとアトラクションの紹介、ショップ、レストラン、ホテルに関する情報が詳しく掲載されています。比較すると、上記るるぶの方が概要をつかみやすく感じましたので、こちらを星4つにしましたが、ユニバーサルにも行かれる方は、こちらの本一冊でまずは概要をつかまれるの良いかもしれません。

3.BIRNBAUM’S Walt Disney World

オススメ度 ★★★★☆ ※簡単な英語が理解できれば

「オフィシャルガイド」ということで、内容は非常に充実しています。問題は、日本語版がないということ。したがって、英語がある程度できる方にとっては非常に役に立つ本です。ガイドブックの中には、数々のアドバイスが「HOT TIPS」として紹介されています。例えば、「マジックキングダムのアトラクションの中には、パークが閉まる時間よりも前に営業終了してしまうアトラクションがあるので注意してね」、「マジックキングダムでは、火曜日と水曜日が混雑が少ない(傾向)」など、事前に知っておきたいアドバイスが掲載されています。また、結果として僕は使わなかったのですが、巻末にはショップやレストランで利用可能なクーポンがついているので、条件が合えばお得になります。

※書店(実店舗)では見つからなかったため、僕はamazonで取り寄せました。

結論:おすすめガイドブック

基本的には、上記3つの中から好みに合うものを選んでいただければ間違いないと思います。ただし、事前の情報収集が重要とはいえ、詳細なガイドブックを隅から隅まで読むというのも現実的ではありませんので、オススメは「るるぶ」で概要をつかみ、その他気になる箇所についてはネットで検索するという方法です。もし、簡単な英語は理解できるということであれば、オフィシャルガイドのBIRNBAUM’S Walt Disney Worldはぜひ読んでみてください。ちなみに僕の英語力はTOEIC800点台。情報があまりにも多いので、重要そうなポイントのみ斜め読みしました。

海外ディズニーカテゴリの最新記事